精力が落ちる要因

男性の場合、普通25歳をピークにして男性ホルモンの分泌が低下していきます。

男性ホルモンとは、生殖機能の働きを促すためのものですから、もし分泌が低下してくる
と、精力減退となり、勃起力もなくなり、性欲そのものが低下するだけなく、射精をコン
トロールする射精閉鎖筋の機能も衰えるため、その結果早漏になることもあります。

しかし、日頃の生活態度や食生活に気をつけることで、精力減退の進み具合を遅くする
ことが可能ですし、低下しても男性ホルモンをサプリメントなどで、外部から補えば、
生殖機能の衰えや精力減退、そして中折れ防ぐことも可能です。

その他にも精神的な事から起こることもあります。
精神的なものというのは、例えば女性から言葉で、ひどいショックを受け自信を喪失した
ときなどです。



このような例の精力減退は意外と多いようです。
女性にそのつもりはなくても、ほんの何気ない一言で弾性はショックを受けてしまい、
精力減退となり、勃起不能に陥ってしまうことがあります。
また人格やプライドをひどく傷つけられたりしたときにも、突然勃起不能になってしまう
ことがあります。
その他、仕事や私生活などで自信喪失をして、精神的にも落ち込んで自律神経の変調や、
疲労やストレスが溜まってしまったときにも、精力減退となり、ひどい時には勃起不能に
なってしまいます。

精力減退には、特にストレスは、本人が自覚しないままに蓄積し、溜まってしまうことが
多く、特に注意が必要です。


あきらめるな!精力減退漢方で精力改善